スーパーの実習が終わりました

9月14日、16日、24日、25日、28日、30日に、青果の実習をしました。

初めての実習で、初日は緊張しました。

14日と16日は13時から15時まで作業をしました。

14日は、野菜の袋詰と野菜の値付けと品出しをしました。

16日は野菜の袋詰をしました。

24日からは、10時から15時まで作業をしました。24日の午前中は、ほうれん草とトマトの袋に入ったのをテープで封を閉じました。野菜の袋詰もしました。午後は、野菜の袋詰だけでした。

25日の午前中は、野菜とみかんの袋詰をしました。午後は、みかんの袋詰の続きと、とうもろこしをラップとオクラの袋詰をしました。

28日の午前は、豊水梨と二十世紀梨2個をパックと値付けと野菜の袋詰をしました。午後は、野菜の袋詰と二十世紀梨2個をパックと、リンゴ1個をラップしました。

30日の午前中は、野菜の袋詰とトマト2個をパックとなす2本をラップとほうれん草の袋に入ったのをテープで封を閉じました。午後は、ほうれん草の封を閉じの続きと玉ねぎの袋詰とたねなし柿2個をパックしました。

実習の作業は以前スーパーで働いていた時にやった事ばかりだったので、とても作業しやすかったです。作業で難しかったのはグリンリーフの袋詰でした。スーパーで働いていた時も経験がありますが、難しかったです。

10月2日に、アイリスの担当の方とハローワークの担当の方と店長さんと4人で実習の振り返りをしました。

店長さんから「作業されていたけど全然大丈夫でした」とおっしゃいました。「作業するペースが早くて、してもらう作業が足りないくらいでした」ともおっしゃいました。大丈夫と言われてとてもよかったです。店長さんから「本店に実習のことは、伝えます」とおっしゃいました。スーパーの実習をして良かったです。実習をしたスーパーに就職したいと申しあげたら、「ハローワークの担当の方から本店に連絡とって下さい」とおっしゃいましたので、連絡を待つことになりました。

(稲本 哲也)