メンバーの実習報告

 みなさんこんにちは。

最近涼しくなってきましたね。

自転車に乗って切る風が気持ちいい季節です。

 今日は昨日のドリカムプロジェクトでおこなった実習報告会について

ご紹介したいと思います。


 「実習」と一言で言っても色々なものがあると思うので、

ピオニーメンバーが取り組む「実習」について少し説明したいと思います

「実習」とは、ハローワークやしょうがい者就業・生活支援センターアイリスから

ご紹介を頂いた企業様で、実際にお仕事の体験をさせて頂くというものです。

期間は1~2週間くらいが多いと思います。

また実習を通してそのままそこに就職するケースもあるようです。

 昨日の報告会であがった企業様は八百屋さんとスーパーでした。

実習に行った方はそれぞれ実りがあったようです。

特に印象に残った話が、八百屋さんの店長のお話しです。

実習中にメンバーさんに対して「自信を持って帰って欲しい」と言われたり、

「コミュニケーションの経験を積んで欲しい」といった事をおっしゃったそうです。

実習に行かせてもらうだけでも有り難いのに、こんなに色々な配慮をして

頂けるんだと思いました。

 

 私T・Iも実習の予定が決まりかけています。

私も実りある実習にしたいと思いました。