私が苦手なこと

 

あっという間にブログ担当が回ってきたなと感じているrabbitです。

 

今回は最近気づいたことについて書きたいと思います。いや、もしかすると以前から気づきながらも、認めたくなかったことなのかもしれません。それは、計算です。私は中学二年生頃までそろばんを習っていました。そして珠算検定の中には応用算という問題がありました。定価や売価、消費税の計算などを悩むことなく計算していました。しかし時が経つうちに計算方法を忘れていき、あれだけ普通に出来ていたのに今は苦手意識しかありません。

 

 今はというと…〝〇〇〇円の税込み価格は?″さすがにこれは分かります。悩むことなく計算できます。しかし〝〇〇〇円の△割引の値段は?″と聞かれると悩みます。色々計算してみて、答えにはたどり着きますが時間がかかります。少し前、はたプロの時間にExcelの問題で〝売上構成比″〝売上構成比累積″という言葉が出てきて、私の頭の中は “?”だらけでした。スタッフさんに教えてもらい言葉の意味は分かりましたが、計算方法が分からず、ネットで調べて、ネットの通りにやったら出来た、という感じです。

 

 ピオニーにいる間に、一般常識とされること、一般事務で必要とされることはしっかりマスターし、計算に対する苦手意識をなくしたいと思います。