仕事と趣味の両立と睡眠

こんにちは、Summer Snowです。3回目の投稿になります。

ピオニーに訪れてから1年が経ちました。

 

 

 大人になったら遊んでいる暇は無くなる、と言う人は少なくありませんが、一方で仕事をこなしながら、趣味も楽しんでいる人たちがいます。そんなパワフルな方たちを、僕はうらやましく思いながら、尊敬しています。真面目に勤めてへとへとのはずなのに、一体どこにそんなエネルギーが残っているのでしょうか。

 

 

 それらを両立している人たちは、思いの外あっという間に過ぎてしまう休みに、趣味を満喫し、その疲れを翌日に残さないように、あるいは表に出さないようにできるのです。これは推測ですが、彼らの生活リズムは基本的に整っているのではないでしょうか。要するに早寝早起きをしていると考えられます。早く起床すればそれだけ、日中に活動できる時間が多いわけですから、趣味に割ける時間も増えるというわけです。

 

 

 対して僕は、就寝時間が遅いので、その分起きるのも遅い、という毎日を送っています。それに、試しに早めに寝るようにしても、なかなか早く起きづらい気がします。すっきり目覚めるということがなく、再び眠ってしまうのです。もしかすると夜間に、質の良い睡眠をとれていないのかもしれません。現に、僕は床に就く直前までパソコンの画面を見ているので、覚醒効果のあるブルーライトで脳が刺激された状態で寝ています。眠りの質が悪いと、疲労回復しにくいという話を聞いたことがありますし、休日の夜にもそのような睡眠をしていると、就職したときに遅刻するのは明らかです。

 

 

 仕事と趣味を上手に両立させて、生き生きとした豊かな毎日を送るために、ピオニーに通所している間にできるだけ、生活リズムを見直そうと努力しています。タイムカードがあるのでいつも何時に来ているか記録されています。遅刻してしまうにしても、最低何時までには着くようにするというのを決め、1ヵ月で何日その時間に来られるかを目標にして、通っているのです。眠くても自分にムチを打って起き、時間を守るというのはみんながやっていること。僕も学生時代にはできていたので、頑張って良い睡眠をとれるように少しずつ改善していこうとする次第です。