絵を描く役割

 

1ヶ月ぶりの書き込みになります。ピオニーメンバーのARです。

 

ARはアルと読みます。

 

 

 

どうやら今回は十回目の書き込みになるようです。区切りがいいですが、内容はいつも通りでいきます。

 

 

 

最近、絵を描く役割を任されるようになりました。朝礼の『今日の一言』で高校時代に美術部に属していたことを話したのがきっかけです。

 

 

 

任された仕事というのは、具体的にはメンバーのマグネット(ホワイトボードに貼って各々が担当している仕事を可視化するためのもの)のイラストや、交流会でホワイトボードに絵を描く、といったものです。

 

 

 

美術部に属していたとは言っても、実際絵の勉強をしていたわけではないですし、画力については素人の枠を出ません。それでも幼いころから趣味で漫画を描いていて、今でも数ヶ月に一度イラストをTwitterにあげている身としては、自分の絵が他人の役に立つのはうれしく感じます。

 

 

 

これからも、機会があれば似たような役割を引き受けてみたいと思います。

 

 

 

……ちなみに、前回イラストレーターの勉強を始めたと書きましたが、今回の話とは何のつながりもありません。描いている絵はすべてアナログです。